神奈川県立城郷高等学校

校長からのメッセージ

 

本校は、昭和62年に「県立高校100校新設計画」最後の5校の1校として開校し、今年で31年目を迎えました。これまでに7,600人を超える卒業生を送り出しています。

本校は、「人間尊重の精神を基盤に、文化の発展に寄与し、国際社会に貢献できる調和のとれた心身ともに健康な人間の育成」を教育目標に掲げ、次の6点の教育方針のもとに日々の教育に取り組んでおります。

  1. 基礎学力を重視し、自ら進んで知識を求める態度を育てる。
  2. 個性を伸ばし、創造性を育てる。
  3. 自律の精神を身につけて、責任を重んじる態度を育てる。
  4. 自然や人とのふれあいを大切にし、好ましい人間関係を育てる。
  5. 言語を大切にする態度を育てる。
  6. 社会への奉仕と協力の精神を育てる。

今、私たちは経済や社会のグローバル化、情報化やAIの導入などの技術革新等、社会のあらゆる領域で、これまでになく急速に進む変化に直面しています。こうした変化に対応していくためには、知識を身につけるだけではなく、知識を活用して課題を解決する力を身につけることが必要となります。また、社会の構成員の一人として、社会の中で自立し、周囲の人々と連携したり協働しながら課題解決に主体的に取り組むことができる主権者としての力を身につけることも求められています。
 

そうしたことから、本校は、「主体的に学ぶ意欲を醸成し、基礎学力の充実と課題解決能力の育成を図る教育を実践し、確かな学力を身に付ける」ことを学校教育目標として、将来の社会を担う主権者としての力の育成に取り組んでいます。さらに、キャリア教育の充実を図る中、生徒一人ひとりが自分の将来を自ら切り開く力を身につけ、進路先の拡大にもつながっています。また、学校行事等の特別活動や部活動など生徒の主体的な取組の充実にも努めています。
 

これからも、こうした教育活動の充実に努めてまいりますので、地域や保護者の皆さま、卒業生の皆さまの益々の御理解、御協力をお願いします。


 

校長 濱田 啓太郎

しろにゃー&さとにゃー
^
top