神奈川県立城郷高等学校

学校のミッション

全日制普通科の高校として、生徒一人ひとりの学習や進路等の目標の実現に応えるために、学年制によるカリキュラム・マネジメントに学校全体で取り組み、学力の育成、豊かな人間性や社会性を培い、社会的・職業的に自立することをめざした学校づくりに取り組む。

教育課程については、共通教科・科目を中心に、生徒の特性や地域・学校等の実情を踏まえながら、普通科として適切な編成を行う。

これまで、広く社会に貢献できる人材をめざし、基礎的・基本的な知識・技能の習得とそれらを活用する力を育成し、主体的に学ぶ意欲の醸成を図りながら、シチズンシップ教育の研究に取り組んできたが、今後はさらに、生徒の主体的・協働的な学習を充実させることにより、授業の質の一層の向上を図る等、これからの時代に求められる資質・能力の育成と社会に積極的に参画する意識の醸成に向けた教育活動の充実に取り組む。

また、平成28、29、30年度の3年間「教育課程研究開発校(新科目『公共』に係る研究)」として研究開発に取り組み、その成果を地域の県立高校に様々な機会を設けて普及する。

学校教育目標

  • 生徒のニーズに応える教育を充実し、一人ひとりの個性と能力の伸長を図る。
  • 主体的に学ぶ意欲を醸成し、基礎学力の充実と課題解決能力の育成を図る教育を実践し、確かな学力を身に付ける。
  • 知・徳・体の調和を図る教育を推進し、社会への奉仕と協力の精神を育成し、好ましい人間関係の構築を目指す。
  • 地域、外部機関との協働・連携を推進し、幅広い教育活動によるキャリア諸能力の育成を図り、進路実現を支援する。
  • 健康で安全・安心な教育環境の整備を図り、信頼される学校づくりを推進する。
しろにゃー&さとにゃー
^
top